【限定公開】くみちょうのパイパン風俗レポ 横浜ヘルス「クラブFG」りんごちゃん おっとりスレンダーギャルちゃんはビジュアルよし、性格よし、サービスよし、プレイよしと近江商人もビックリの四方よし!しかもドMでドスケベときたらこれはもう・・・

※只今一般公開可能な内容のみを表示しています。すべてを表示するには、パスワードの入力が必要です。

 


パイパン風俗体験情報

まいど!くみちょうです。

今日の風俗体験は横浜ヘルス「クラブFG」りんごちゃんです。

※角刈り.com様、情報ありがとうございました!

パイパン娘トピックス

店名    :クラブFG
公式HP:https://www.club-fg.net/
女の子 :りんご(21)※推定年齢20代中盤くらい?

場所    :横浜
業種    :ファッションヘルス
時間    :9:00~24:00(土日祝 6:00~)
電話    :045-341-3461
料金    :60分 16,000円(16,000円+指名料2,000円-新規ポイント割2,000円)

今回のお相手りんごちゃんは指名No.1ですので、遊ぶと決めたらしっかりと事前にWEB予約を済ませ方がいいと思います。
ただ、新規の方は前日からしか予約を受け付けてもらえません。
今回はフーポイント会員に登録することで、5日前に予約することができました。
こちらに登録すると、フィーリングループのお店で使えるフーポイントが最初に2,000ポイントもらえますので、登録した方が絶対お得!
ポイントは初回から使えますので、要は2,000円割引ってことです!

さて予約当日、横浜曙町に来るのは久しぶりなのですがあまりそんな感じがしませんね。
と、いうのも今遊んでいる「龍が如く7」がこの辺りをモデルにした「伊勢佐木異人町」を舞台にしておりまして、結構な頻度で街を徘徊しているものですから全然懐かしくない(笑)。
見覚えのある駐車場を見て「空き缶が拾いたくなるな・・・」などと思ったりするなど、プチ聖地巡礼をしながらお店に到着。
料金を支払い、洞窟の様な雰囲気の待合室へ。
今回はアサイチの訪問だったからか、客はくみちょうのみでした。
混んでいても、テレビやフリーWifiがあるので暇はつぶせそう。

物腰の柔らかそうな受付のおじさんにアンケートを渡されますので記入します。
んん・・希望プレイにアナル舐めが無い・・・基本プレイには入っていない様ですね。
追加オプションにもありませんので、してくれるのかどうかちょっと不安。
攻め受けは半々、フィニッシュは流れで・・・と。
やっぱり最後はお互い気持ちよくなりながら決めたいですよね、ぐふふ。

プレイ詳細

10分程待ったところでお声がかかります。
注意事項を確認し、カーテンを開けてもらうとりんごちゃん登場!

「こんにちわ~♡」

キャワイイ~♪
とびきりの笑顔で迎えてくれたりんごちゃんは写メ日記等よりもお化粧が濃く感じられますが、可愛らしいギャル系のお嬢さんです。くみちょうの大好物!
お手手つないでお部屋まで連れて行ってくれます。
部屋の造りは待合室と同じく洞穴の様な岩肌風の壁で飾られていますが、狭いですね・・・。
プレイルームはマットを敷くだけで精一杯。
シャワールームもレンタルルームのよりかは少し広いかな、といった程度です。
まあ、このいかにもヤルだけといった佇まいがこれから何をするかを否が応でも連想してしまい、ティムポも甘ボッキ状態に。

りんごちゃんは出会ってからずっとニコニコしながら積極的に話しかけてくれますし、聞き上手でもありますので初っ端から会話が盛り上がって、あっという間に打ち解けたムードに。
おしゃべりが長くなってきたので、そろそろ切り上げてシャワーに行った方が・・・なんて思っていると

「お洋服脱がしちゃてもいいですか?バンザイしてください♡」

とフルアシストでの脱衣サポート!
パンツまで脱がしてくれた後はりんごちゃんも全裸になり、一緒にシャワールームへゴー。
ウエストがキュッと締まったスレンダーなスタイルにCカップのおっぱい。
ちょっとしぼみ気味なのが残念なところです。
そしてちらっと見た限りではお股に毛は見当たらなかったので、ちゃんとツルツルなのかな~と股間を凝視していると

「や~、どこ見てるんですか~♡」

と照れるりんごちゃん。
いやいや、パイパンだったら嬉しいな~と思って・・・

「そーなんですか?今日剃ってきたばかりですよ♡」

プロフィールにはパイパン表記がありませんでしたのでちょっと心配してたんですよね。
体中に泡をつけて丁寧に洗ってくれます。
尻の穴もしっかり洗ってくれたので期待が持てますね。

ここまで完全にりんごちゃんのリードでコトが進んでおります。
シャワーから出たところで体を拭かれるのもおまかせ状態。
それからマットの上に導かれ、

「それじゃあ寝てくださいね~♡」

と促されるままに横たわります。もう全てなすがままですね。
そしてくみちょうに覆いかぶさりながら迫りくるりんごちゃん。

「キス・・・してもいいですか?」

と完全受け身スタイルでプレイスタート!
最初はチュッチュと軽く、徐々に舌を口の中にねじり込ませながら絡ませてきます。エロ~い。
しばらく抱き合いながら口づけを交わしていると

「乳首舐めてもいいですか?」

と確認されましたので、全身どこでも舐めてチョーだい!と無防備都市宣言
あはは、と笑いながら乳首を攻め始めるりんごちゃん。
ベロンベロンチュウチュウ強めに舐めてくれるので気持ちいい~。
あひあひ喘ぎながら悶えているくみちょうを見て

「おちんちんピクピクしてる♡」

と嬉しそう。
続いて舞台は下半身へ。

「くすぐったくないですか?」

などと気遣ってくれながら腿の付け根を起点に鼠径部、タマタマを刺激。
うほほ~、舌の使い方、吸い加減が抜群!
玉舐めってこんなに気持ちいいんですね~。

身を捩りながら声をあげるくみちょうを見て

「タマタマ好きなんですか?」

と言いながらちゅうちゅうぺろぺろ。
しっかりくみちょうの反応を確かめながら気持ちよくしてくれるあたり、ホスピタリティ高いですね~。
たっぷりとタマタマを舐め尽くしてくれた後はカッチカチに怒張したティムポが新たなターゲット。
サオをレロレロといやらしく舌で舐め上げ、カリ首もチロチロしてくれた後に・・・パクリ!
ガマン汁だらだらの亀頭を一気に咥えこみます!

やはり舌の動かし方や咥え心地がツボをついているというか・・・とにかく気持ちいい!
添えてある手を離してもらい、ノーハンドフェラになると更に気持ちよさ倍増!
イラマチオは苦手ということですが、結構奥まで飲み込んでくれますので思わず腰が・・・勝手に動いちゃう・・・。

いかんいかん!こんなに気持ちいいとすぐ気をやってしまう!
ここまでりんごちゃんに身を任せっぱなしでしたが、精子工場が出荷を早めたいと要求してきそうな勢いでしたので、慌てておクチからティムポを引き抜き攻守交替。

むくりと起き上がって、りんごちゃんを座らせたまま胸をちゅぱちゅぱと舐め始めます。

「あん・・・乳首気持ちいい♡」

結構強く吸われても気持ちいいそうです。
ん?結構攻めっ気が強いのかと思っていましたが実は・・・

「私、ドMなんです♡」

やっぱり!キタキタキター!

貪る様に乳首をねぶり、おっぱいを揉みしだきます。
気持ちよさそうに吐息を漏らすりんごちゃん。
それじゃあもっと恥ずかしくなってもらおうかね~、と顔騎を促します。

「わあ~、いやらしい恰好♡」

恥ずかしがりながらも好奇心が隠せないといった様子でくみちょうの顔に跨ってきます。

ふおおおおお!パイパンのおまんまん!いっただーきまーす!

ペロリ。

ツルマンのなんと美味なことよ!

「んああ・・・♡」

ややビラついている小陰唇を口に含んだり、おまんまん全体に吸いつきながらクリトリスを舌でテロテロしたりと攻めまくります。
ひゃんひゃん言いながら気持ちよくなってくれている様ですが、更に快感度を高めてもらおうと無料サービスの電マを投入することに。
仰向けになったりんごちゃんのお股に電マをあてがおうとすると、

「私、振動強い方が好きなんです♡」

なんて言われてしまいましたので、お望み通り最大出力でプレイ開始!

「ああああああああああぁっ!」

しっかりと握っていないと持っていかれそうになるくらいの強い振動ですが、りんごちゃんは気持ちよさそうに嬌声を上げています。エッロ!
しかもクリトリスに電マを当てながら膣穴に指を挿入してズボズボしていると、ぴゅるぴゅる湧き出してくる潮?ラブジュース?でマットの上に水たまりが。

「やばいやばい、気持ちいい~♡」

時折耐えきれない様に足を閉じて絶頂に達していた様ですが、そのまま電マを当て続けていてもくすぐったがらずに感じっぱなしでした。
もう・・・りんごちゃんばっかり気持ちよくなっちゃってズルいんだから!
ボクちんも気持ちよくしてほしい!
お尻の穴舐めてほし~よ~!

なんてなじることもなく、

「全然いーよ♡」

と笑顔で快諾してくれるりんごちゃん。
それでは・・・と顔に尻を押し付ける形で逆シックスナイン開始。
舌先を固くしてアナルとその周辺をベロンベロンしてくれるナイスな舐めっぷり。
負けじとこちらもクリトリスにむしゃぶりついてパイパンマンコをベロンベロン。
ふおお~、最高の瞬間じゃの~。
ここでそろそろ二人で至福の快楽を・・・と特殊系素股の体勢に入ろうとしましたが、

「じゃあペロペロするねー♡ゴロンして♡」

と再びペースを握られてしまいます。
変に逆らって空気が悪くなるのもなんですので甘んじてフェラを受け入れますが、ゴキュゴキュと激しく吸い込むおしゃぶりに愚息は降伏寸前!
これは・・やばい・・
思いを遂げることなく放出してしまうくらいだったら素直に思いを伝えて玉砕した方がマシ!
りんごちゃんと一緒に気持ちよくなりたいよ~、と必死に訴えかけてみると


ここより先は限定公開とさせていただきます。
閲覧にはパスワードが必要となります。ページ上部の入力欄にパスワードをご記入ください。

パスワードの発行についてはこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました