【限定公開】投稿パイパンレポ 池袋ホテヘル「ジュエリーボックス」れいちゃん 妖艶な容姿端麗パイパン美女と濃密な大人のお付き合い

※只今一般公開可能な内容のみを表示しています。すべてを表示するには、パスワードの入力が必要です。

 


パイパン風俗投稿情報

まいど!くみちょうです。

今回の風俗投稿は池袋ホテヘル「ジュエリーボックス」れいちゃんです。

パイパン娘トピックス

投稿者 :ロック様
店名    :ジュエリーボックス
公式HP:https://jb-ikebukuro.com/
女の子 :れい(23)※推定年齢26~28歳くらい?

場所    :池袋
業種    :ホテヘル
時間    :12:00~LAST
電話    :03-6907-0966
料金    :60分 22,000円+指名料3,000円

プレイレポ

その日は他店で前日予約していた嬢が当欠していまい、溜め込んでいた精子の行くあてに困っていました。
そこで喫茶店にてスマホ片手に代替策を模索すること10分、気になっていたものの情報が少ないジュエリーボックスにギャンブル凸することに。
まぁ、こんな日ならではのチャレンジですね。

電話でのお店の対応は好感度高いです。
言葉遣い、嬢に関する質問に対する答えは非常に丁寧で初訪店の心理的ハードルを下げてくれます。
しばらく相談した結果、私の好みと空き枠を踏まえてれいちゃんを指名することに。
店員さん曰く、この店でのリピート率がダントツに高いとのこと。
まぁ話半分に聞いても期待は高まります。

その後店頭を訪れましたが、そこでの対応もとても丁寧、ホテルも取ってもらいました。

電話で部屋番号を伝えると10分弱でれいちゃん登場。
「こんばんわ〜、れいです。よろしくお願いしま〜す。」
最初の挨拶はローテンション気味なので少し不安に。

ルックスは美人系。
シュッとした切れ長の目に通った鼻筋、反面ぽってりした唇が特徴です。
最近のタレントではなくて恐縮ですが、嘉門洋子に似ているかと。
雰囲気はパネルより日記のほうが近いかな。

ソファに座ってお互いの自己紹介的トークをして徐々に空気が温まってきたところでれいちゃんからシャワーのお誘いが。
お互いセルフ脱衣ですが、れいちゃんが下着姿になったところで一旦ストップしてもらいます。
下着が非常にお洒落です。エロさよりも上品寄りかと。

スタイルも良いですね。
手足は長め、女性らしい丸みを備えたすらっとした体型。
まあパネル通りかと。

下着とスタイルの良さと相まって見事な景色です。
おもむろに近寄ってハグ&キスをすると、
フフフッと笑うれいちゃん。
舌をネジ込みベッドへ倒れ込むと、私の背中にまわしたれいちゃんの手に力が入り、舌も応戦し始めます。
ブラを外し、しばしおっぱいの感触を胸で味わったところで改めてシャワーへ。

シャワーはあっさりめ。
雑とか手抜きではないけど、プレイの一環のして楽しむ感じではないかと。

れいちゃんから照明の明るさを聞いてきたので少し落とした設定にすると、
「いいね、エロい感じになるー。」
期待が高まります。

しばらくDKを楽しんだ後、先攻はれいちゃん。
左右乳首舐めから鼠蹊部玉舐め、そして竿舐めへ。
音を立てて演出するよりも、こちらの反応を見ながらの丁寧かつシュアな舐め方です。
激しくストロークというよりもじっくりと奥まで飲み込んで舌を絡ませてくるフェラは大人のエロを感じます。

6合目くらいまで来たところで攻守交代、再度DKから。
DKは、もうベロンベロン状態。
お互いにハアハア言いながら舌を絡ませ吸引し合って興奮が高まったところでバストへ。

バストは表記通りEカップかな。乳首と乳輪の形と色は標準的で美しいバランス。
そして肌質か凄く良く、舌触りが良いプリンやゼリーのような感触が楽しめます。
乳首を舐めているこちらの舌が気持ち良くなるほどスベスベなのは、丁寧なスキンケアの賜物なんでしょう。

左右の乳首を少し強めに甘噛み&摘むと反応も大きく。
「痛くない?」
「ううん、気持ちいい。もっと舐めて。」

しばらく夢中で舐め回しつつマンコに手を伸ばすといい感じに濡れていることを確認。

くびれ〜恥丘〜大陰唇の際と舌を這わせますが、これまたツルツルスベスベ。
サイコーの舐め心地!
丁寧な脱毛とスキンケアを怠らないでしょうね。しかも臭いも皆無!
こちらも誠意を持って攻めなくては。

クリが感じるということで、クンニ中心の組み立てでいきましょう。
舐め上げ、舐め回し、強弱、小刻み、ねっとりと、いくつかの攻めを試して反応を確認。

舐め回し、強め、ねっとりの時の反応が良さそうなので「これは?」と聞くと、

「凄く気持ちいい、イキそうっ」

陰唇がすっかりとクパァと開き、ビショビショになっていることも目視で確認してペースを上げます。
れいちゃんに自分の脚を抱えて貰う体勢にてひたすら舐め回すと、
「イキそう、イキそう!」

「あぁ、イクイクっ!」

そしてピクピクしながら
「イクゥっ!」

唇と顎の辺りで痙攣を感じたところで、
「もうダメぇ」とれいちゃん。

素直に従いつつ、
「中は感じるヒト?」と聞きながら中指を挿入。
Gスポットを押すと反応するので手マンでもう一回と頭をよぎるが、時間のこともよぎるので交渉へ。


ここより先は限定公開とさせていただきます。
閲覧にはパスワードが必要となります。ページ上部の入力欄にパスワードをご記入ください。

パスワードの発行についてはこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました