【限定公開】くみちょうのパイパン風俗レポ 渋谷デリヘル「マテリアル」アミちゃん 超絶カワイイ美巨乳パイパン娘に最初から主導権を握られっぱなしでタジタジ!Sっ気たっぷりないたずらっ子をひゃんひゃん言わせることはできるのでしょうか?!【後追いレポ追加】

※只今一般公開可能な内容のみを表示しています。すべてを表示するには、パスワードの入力が必要です。

 


パイパン風俗体験情報

まいど!くみちょうです。

今日の風俗体験は渋谷デリヘル「マテリアル」アミちゃんです。

【注意】

このレポートはあくまで個人の体験談を元に構成されております。プレイ内容はその時の状況をそのまま記載しているだけですので、これらのプレイが必ず保障されているわけではないことをご了承ください。同様に評価につきましても一個人の感想に過ぎませんが、皆様の参考になればと考えております。明るく楽しくいやらしく!風俗ライフをエンジョイしましょう!

パイパン娘トピックス

店名    :マテリアル
公式HP:https://t-mate.jp/
女の子 :アミ(21)※推定年齢24歳くらい?

場所    :渋谷
業種    :デリヘル
時間    :10時~翌5時(受付時間 9時30分~翌5時)
電話    :03-3486-7877
料金    :60分 20,000円(18,000円+交通費1,000円+アナル舐め1,000円)

マテリアルのプレイレポ一覧はこちら。

【プレイレポまとめ】渋谷デリヘル「マテリアル」

本来ならリクエスト企画で名前が挙がったお嬢さんのレポートをすべきなのでしょうが、次回に回させてください。すみません!
こちらのお店は多くのレポをいただいておりますが、利用するのは初めて。
ですが品川エピソードの姉妹店なので、すでに会員登録はされている様でした。
会員にはスタンダード・ゴールド・プラチナ・ブラックのランクがあり、ランク上になるほど早く予約の受付がしてもらえるとのこと。
ただ、どうすればランクアップするのかが見つけられませんでしたので、ご存じの方は教えてください!
また、今回はシティヘブンの予約システムを利用したのですが、お店のチャットに返事をしないと自動的にキャンセルされてしまいますので要注意!
くみちょうは一度くらってしまいました・・・。

ホテル

ホテルは最近のいきつけオニキス。
90分3,100円でした。
部屋はきれいですが狭く、ベッドが大部分を占めてしまっています。
救いは風呂・トイレが別な所でしょうか。
フリーWifiはあり。
よく確認しませんでしたが、VOBはなさそうでした。

プレイ詳細

事前情報によると即即プレイはあまり期待できない様ですが、ワンチャンあるかもしれませんのでガウンに着替えて歯磨きをしておきます。
すると、ほぼ予約時間通りにピンポーンとチャイムの音が。

「こんばんわ~♡」

マスク越しでもわかる満面の笑顔でアミちゃんが登場!
そそくさと部屋に招き入れるとマスクを外し、ニッコリ笑顔でご挨拶。

きゃ、きゃわうぃいいいいいい!

黒髪ボブの小さなお顔は榮〇奈々杉〇花に似ているとよく言われるそう。
笑うと垂れ眉になって愛嬌抜群です。
かわいいね~、とデレデレしながらベッドに座ると、アミちゃんは体を摺り寄せてきましたのでまずはご挨拶を兼ねて軽くキッスを迫ってみます。
すると、全く抵抗なく受け入れてくれるではありませんか!

本当にかわいいと思うと男は語彙力を失ってしまうのでしょうか?
素敵な褒め言葉でハートをアイスブレイクさせたいのですが、出てくる言葉はかわいいね~、ホントにかわいいね~とうわごとの様に同じ言葉を繰り返すのみ。
ですが、そんなぎこちなさが逆に良かったのか、ころころと楽しそうに笑ってくれます。
その流れであわよくばの即即プレイを狙い、お洋服を脱がせにかかると、ここでもアミちゃんは抵抗することなくあっと言う間にすっぽんぽん。いいぞいいぞ~
ボリューミーなEカップおっぱいが飛び出したところで我慢ができず、後ろから抱きついて揉みしだきます。幸せじゃ~
お胸にはしっかりお肉が乗っておりますが、すらりとした長身にはほどよくお肉が付いているくらいでしっかりクビレもあり、抱き心地もGood!
このままベッドに倒れ込み・・・といきたいところでしたが、アミちゃんは早々にお風呂に行く準備を済ませ

「行こ♡」

と笑顔で手を引いてきますので、ここは変に逆らわず一緒にシャワーを浴びることに。
イチャイチャしながらお互い泡まみれになって洗いっこしている際、お尻は舐められるのか確認してみたところ

「オプションになるけど大丈夫だよ~♡」

との返事が。
うーん、追加料金か・・・ちなみにアナルを舐めるのは得意?と質問してたら

なんて言葉の意味がよくわからない返しではなく

「上手かどうかわかんないけど、私と遊ぶ人はアナル舐めを付ける人が多いよ♡」

と謙遜しながらもとにかく凄い自信が伺える回答が返ってきました。
これはもうお願いするしかありませんね!
アナルもしっかりきれいにしてもらい、体中に付いた泡を洗い流した後にベッドで待ち構えます。

仰向けになっているくみちょうに跨ってきたアミちゃんに、攻めと受けはどっちが好きか聞いてみると、

「両方好き~♡」

とナイスな答えが返ってきましたので、じゃあ両方いっぱい楽しもうね!と約束し、まずは先に攻めてもらうことに。
アミちゃんはゆっくりと顔を近づけてくると、舌を突き出してくみちょうの口にねじ込んできますので、思い切り吸いまくってあげます。
このあたりでなんとなく、アミちゃんはSっ気が強いのでは・・・と思い始めてきましたが、

こちらからも舌をねじこんでみようとしたのですが、アミちゃんはそれを許してくれません。
散々くみちょうの口中を蹂躙した後に首筋から胸元へと舐め下がると、今度は乳首周りを円を描くように舐め始め、そこからだんだんと中心部に近づき時間をかけてようやく乳首へ。
ここでも舌を突き出して激しくレロレロと刺激してきます。
しかも舐めたり吸ったりしながら空いている手で逆の乳首を触ったり、タマタマをさすったりとなかなかのテクニシャンっぷり。
たまらず身をよじりながら喘いでいると、アミちゃんは嬉しそうに笑いながら脇やお腹をチュッチュしつつ下半身に向かいます。
すると、足を大きく広げられ

「アナル舐めて欲しくなってきちゃった?」

と聞いてきましたので、

なんて余裕ぶっこきたかったのですがそんなこと言えるわけもなく、早く舐めて舐めて~と自らちんぐり返しポーズをとって尻の穴をおっぴろげてしまいます。
ここでもやはりアナル周辺から舐め始めてゆっくりと中心部へ。
そしてクリティカルなポイントにたどり着くと、激しく舌でペロペロしつつ指も駆使してくみちょうのケツ穴を責め立てます。
言うだけのことはあって気持ち良いのですが、もう少し舌をねじ込んでくれたり顔を密着してくれたら嬉しかったな・・・。
そんなことを考えつつもしっかりと感じまくってしまっているくみちょうのリアクションが面白いのか、笑いながらガンガン攻めてくるアミちゃん。
やっぱSっ気強いなあ。

続いてタマタマを舐めてくれたかと思うと、両手の親指で玉袋を揉み始めます。
何してるの?

「リンパマッサージ♡」

こうするとリンパの流れがよくなって勃起力が高まるのだとか。
まあ、そんなことされなくてもすっかりティムポはギンギンのギンなんですけどね!
その勢いは

「ふふ、まだ触ってないのにお漏らししちゃってる~♡」

とからかわれてしまうくらい。
そんないきりたったティムポを、根本から先端にかけて舌でレロレロと舐め上げてきます。
くぅ~、早く咥えて欲しいよぉ~と物欲しそうに見つめるくみちょうを見て、楽しそうにほほ笑むSっ子アミちゃん。
さらにさらに、ここにきてよだれをティムポにだら~っと垂らしたかと思うと、いやらしい手つきでしごき始めてしまうではないですか!むきょ~

とストップをかけると

「なんで~?」

とニヤニヤしながらシコシコする手を止めずに聞いてきます。
それ・・は・・・ヤバいです・・・気持ち良すぎです・・・我慢できなくなっちゃいます・・・と息も絶え絶えで訴えかけますが、

「ええ~どうしようかな~♡」

笑顔で手コキを続けるアミちゃん。

そんな脳内実況が鳴り響く中、くみちょう願いをようやく聞き入れてくれて念願のおしゃぶりスタート!
手を添えながらのフェラチオですが、亀頭部分をしゃくりつつ竿をシコシコしてきますのでメチャメチャ気持ちいい!
手を放してのノーハンドフェラではあまり深くまでは咥えられないようですが、じゅぽじゅぽといやらしい音を立てながらティムポをおしゃぶりしてくれますので、こちらも気持ちいい事この上なし!
さらに空いている両手はしっかりと乳首をいじってきます。最高や~。
たっぷりしゃぶってくれたと思ったらまた手コキが始まりそうでしたので、授乳スタイルでおっぱいを攻めたいと懇願して仰向けになったくみちょうの顔の上に胸を乗せてもらいます。

形のいい美巨乳の先端には、色素濃いめながらもかわいらしい乳首が。
夢中になってもみもみぺろぺろちゅうちゅうしていると、アミちゃんは腰を前後に動かしてパイパンマンコをティムポに擦り付けて来るではありませんか!
それもヤバイよ!気持ち良すぎるよ~!と泣き言を言っても止めてくれません。
んもう・・・こんないたずらっ子はちゃんと躾けてあげないと!

奔放な動きで快感をまきちらすツルマンを顔の上に引き寄せます。
Vライン部分は少し肌荒れが目立ちますが、小ぶりのワレメちゃんはピンク色で無味無臭。

ふおおおおお!パイパンのおまんまん!いっただーきまーす!

ペロリ。

ツルマンのなんと美味な・・・ファッ!

気合を入れて舐め始めた刹那、アミちゃんは体をのけ反らせてティムポを掴み、またもやいじくり始めてしまいました!んごご~
これではちっとも集中できませんので、体勢を入れ替えて仰向けに寝転んでもらいます。
さらに、仕切り直しと言うことで再びおっぱいから攻め始めたら、

「乳首はもういいからクリ舐めて♡」

とクンニを要求してくるなど、下になっても主導権を渡してくれません。
これでは

と富〇さんに怒られてしまいそうですが、パイパンマンコを舐めさせてもらえるのならばなんの問題もございません!
喜び勇んでクリトリスをぺろりんちょ。
併せて膣穴に指を挿入します。

「ん・・・あ・・・♡」

反応はイマイチ芳しくありませんが、おまんこの中はぐちょぐちょに濡れておりますので気持ちよくなってくれてはいるのでしょう。
しばらくクンニを続けた後は逆シックスナインの体勢になり、中年男性の汚い尻をアミちゃんの顔に押し付けてアナルの舐めっこを提案。
ですが、恥ずかしいのでアナルは舐められたくないとのことですので、こちらは普通にツルマンを舐めてあげます。
肛門周辺がアミちゃんの唾液でびっちょびちょになるくらい舐め上げてもらったところでいよいよ本日のクライマックス。
パックリと広がってピンク色の粘膜が丸見えになっているパイパンマンコ目掛け、


ここより先は限定公開とさせていただきます。
閲覧にはパスワードが必要となります。ページ上部の入力欄にパスワードをご記入ください。

パスワードの発行についてはこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました