渋谷ホテヘル「渋谷風俗いきなりビンビン伝説」あやのちゃん 予約困難ないやらし系お姉さんに全身くまなく舐め倒されてGoToHeaven!一度味わったらヤミツキになりそうな予感!【くみちょうのパイパン風俗レポ】

※只今一般公開可能な内容のみを表示しています。すべてを表示するには、パスワードの入力が必要です。

 


パイパン風俗体験情報

まいど!くみちょうです。

今日の風俗体験は渋谷ホテヘル「渋谷風俗いきなりビンビン伝説」あやのちゃんです。

※読者様のプレイレポはこちら

渋谷ホテヘル「渋谷風俗いきなりビンビン伝説」あやのちゃん 低身長パイパンお姉さまは予想通りのエロさでウッシッシ!しかし予想外?予想以上?の乱れっぷりには生半可な気持ちじゃついていけないかも!【投稿パイパンレポ】

【注意】

このレポートはあくまで個人の体験談を元に構成されております。プレイ内容はその時の状況をそのまま記載しているだけですので、これらのプレイが必ず保障されているわけではないことをご了承ください。同様に評価につきましても一個人の感想に過ぎませんが、皆様の参考になればと考えております。明るく楽しくいやらしく!風俗ライフをエンジョイしましょう!

パイパン娘トピックス

店名    :渋谷風俗いきなりビンビン伝説
公式HP:http://www.shibuya-binbin.com/index.html
女の子 :あやの(26)※推定年齢アラサーくらい?

場所    :渋谷
業種    :ホテヘル
時間    :9時~24時
電話    :03-3461-1007
料金    :60分 14,000円(14,000円+指名料2,000円-メルマガ割1,000円-アンケートキャッシュバック1,000円)

渋谷風俗いきなりビンビン伝説のプレイレポ一覧はこちら

【プレイレポまとめ】渋谷ホテヘル「渋谷風俗いきなりビンビン伝説」

読者様からの素敵なプレイレポを読んで以来、ずっと遊んでみたかったあやのちゃん。
ですが、だいたい月・金くらいしか出勤せず、しかも午前中から午後にかけての数時間だけというハードルの高さに、なかなかタイミングが合わず仕舞いでした。
シティヘブンのマイガールには登録しておいたものの、予約の困難さに半ばあきらめかけていたのですが、あやのちゃんから何度も「キテネ」をいただいておりましたので、

とばかりに気合で予約成立!
ちなみに、会員は前日の9時から予約受け付け可能とのことです。

ホテル

ホテルはココバリ。90分3,400円
以下コピペ。
リーズナブルなのに部屋は広く、リゾートホテル風のおしゃれな雰囲気は女の子も喜んでくれそう。
風呂・トイレ・洗面所が別なのもいいですね。
アメニティも充実しており、当然フリーWifiやVOBも完備です。

プレイ詳細

歯磨きをしてシャワーを浴び、受付所でもらったグリンスとイソジンで体を隅々まで清め、全裸待機
入室連絡後、15分くらいでノックの音が。

「こんにちはー♡」

ドアを開けると、アイマスクをしたあやのちゃんが立っています。
あれ、全裸入室をお願いしたのに服を着ている…?
などと訝しみつつ、両手を取って室内に誘導。
ベッドの脇まで来たところで、

「攻めてほしくないとこありますか?」

と聞かれましたので、

と答えますと、あやのちゃんはニッコリ笑って跪き、剥き出しのティムポをパクリ!
ふおお~、気持ちええ~。
出会ってまだ1分も経っていないのに、早くもおちんちんをしゃぶられてしまっています!

「硬い…♡」

イラマ気味のフェラチオに思わず腰砕けになってしまい、ベッドに座り込むと、

「脱いじゃいますねー♡」

と言ってワンピースを脱ぎ去るあやのちゃん。
おおっ!ノーブラノーパン!
突然裸体が現れ、興奮度はますます上昇。
抱っこちゃんスタイルになってもらい、キスをせがみます。
ぬちゃ…ちゅる…
お互いの舌を吸い合うねっとりとした口づけ。
さっき会ったばかりのおじさんとこんな濃厚なキスをしてくれるなんて…

泣いてばかりもいられませんので、涙を拭いてDカップおっぱいにむしゃぶりつきます。

「あん♡」

揉み応えのある胸を両手で揉みしだきながら、緩急織り交ぜて乳首をペロペロ。
どんな風に攻めてほしいか聞いてみますと、

「優しくでも強くても何でも気持ちいい♡」

ですって!あらら!
みなさん!この子絶対ドスケベちゃんですよ!
なんせおっぱいを吸われつつ、自らおまんまんをおちんちんに擦りつけているくらいですから!

「んっあっあっあっ♡」

股間からクチュクチュという音が漏れてきました。
あやのマンからおツユが溢れ出してきた模様です。
そこで、あやのちゃんをベッドに寝かせ、再びおっぱいを攻めていますと、

「もっと強く攻めて…♡噛んで…♡」

というリクエストが!うひょひょ!
心を踊らせながら、ぐわしぐわしと揉みまくりつつ強めの乳首責め。
とは言っても、あまり強く攻めすぎちゃいけませんよ!

 これはやりすぎ

ここからいざパイパンマンコへ…と通常でしたら向かうのですが、せっかくアイマスクの女の子が仰向けに寝ておりますので、逆顔面騎乗を味わいたくアナル舐めの是非を確認します。
すると、

「大丈夫ですよ~♡」

あっさりOK!やった!
M字開脚であやのちゃんの顔前に腰を降ろしますと、驚くことに両手で尻肉をかき分けてケツの穴をベロンベロン舐めてくるではありませんか。しょえ~。
この気持ち良いご奉仕にお礼がしたいので、こちらもアナルを舐めさせてほしいとお願いすると、

「ええ…恥ずかしい♡」

恥ずかしいだけで、舐められるのは嫌じゃない?

「うん…好き♡」

キタキタキタキタ!
だったらたっぷりナメナメしてあげますからね!

逆シックスナインの体勢になり、あやのちゃんの尻穴をペロリと舐めあげると

「ひゃん♡」

身を捩りながらもくみちょうアナルへの攻めは緩みません。
たっぷりお互いのケツの穴を舐め倒したところで本丸攻めへ。
ややビラ付き気味のあやのマンは、剃毛パイパンでややジョリ感あり。
指を膣穴に挿入してみたところ、

「あっあっあっあっ♡」

感じてはくれるものの、指の先に広がりを感じます。

少し残念な気もしましたが、気を取り直して攻守交代。

舐められないところはあるか聞いてみますと、

「舐められないところ?んん?」

と要領を得ない感じでしたので、例えば足とか…と水を向けてみたところ、

「足舐めてほしいの?いーよ♡」

と、トントン拍子に話が進み、アイマスクをしたままくみちょうの足を抱えあげてペロリ。
足の指を1本1本丁寧にしゃぶるだけではなく、足の裏や甲もペロペロしてくれます。

「疲れるから足置いて♡」

と、自分の膝に足を乗せてくれる気遣いも嬉しいですね。
そこからふくらはぎ、太腿、タマタマと舐め上がり、少しだけティムポを咥えた後に乳首舐め。
そして、指、腕、脇、耳と一通り舐めてくれたあやのちゃんは、

「んっ…あっ…♡」

感じてしまっています。

それは、あやのちゃんがまたまたおまんまんをおちんちんに擦りつけているから!
ホント好きなんだから!
だったら、と全身リップのお礼も兼ねて、顔騎を要請します。
やや戸惑いながらも、素直にツルマンをくみちょうの顔の上に差し出すあやのちゃん。

ふおおおおお!パイパンのおまんまん!いっただーきまーす!

ペロリ。

ツルマンのなんと美味なことよ!

「んっあっあっあっ♡」

喜悦の声をあげながら感じまくるあやのちゃん。
溢れ出るメス汁の影響か、やや淫猥な香りが漂ってきますが問題なし。
両手でおっぱいを揉み上げながらベロンベロン舐め倒してあげます。

思う存分パイパンマンコをねぶりまくり、物語はそろそろクライマックスへ。
仰向けにさせたあやのちゃんの股間に


ここより先は限定公開とさせていただきます。
閲覧にはパスワードが必要となります。ページ上部の入力欄にパスワードをご記入ください。

パスワードの発行についてはこちらからどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました